ランナーズニー(ランナー膝)

ランナーズニー

走った後の膝の痛み

ランナー膝はランニングによる膝関節周辺のスポーツ障害の総称ですが特に腸脛靱帯が膝部外側で摩擦し、疼痛〈とうつう〉が発生する腸脛靱帯炎のことをいいます。腸脛靱帯炎はランニングによる膝障害の代表です。

膝の屈伸運動を繰り返すことによって腸脛靱帯が膝の外側とこすれて炎症を起こし、疼痛が発生します。特にマラソンなどの長距離ランナーに好発します(ほかにバスケットボール、水泳、自転車、エアロビクス、バレエ等)。

主な原因は使いすぎ(Over use)です。さらに過剰なランニング時間と距離、柔軟性不足(ウォームアップ不足)、休養不足、硬い路面や下り坂、硬いシューズ、下肢アライメント(内反膝)など、さまざまな要因が加味されています。

初期はランニング後に痛みが発生しますが、休むと消失します。しかし、ランニングを続けていると次第に疼痛は増強して、簡単に消失しなくなってきます。症状の誘発方法(徒手検査法)として、膝を90度屈曲して外顆部で腸脛靱帯を押さえてから膝を伸展していくと、疼痛が誘発されるgrasping testが有用です。

このような症状は注意!!

  • 走り終えた後に膝が痛む
  • 膝の外側や内側が痛む

当院の治療

  1. 走っている距離・時間や環境・靴などを詳しく聴取します。
  2. 原因筋を中心にストレッチやマッサージをして、膝に掛かる負担そのものを軽減させます。
  3. 姿勢や歪みを把握し、全身から膝に加わる負担を考察し、姿勢の矯正→動作確認による痛みの確認を繰り返し、膝に加わる原因を判定していきます。