半月板損傷

半月板損傷

半月は膝関節のクッションと関節を安定させるための役割をはたす関節軟骨です。これが損傷すると、膝の曲げ伸ばしの際に痛みやひっかかりを感じたりします。
ひどい場合には、膝に水(関節液)がたまったり、急に膝が動かなくなる“ロッキング”という状態になり、歩けなくなるほど痛くなります。
スポーツなどの怪我から生じる場合と、加齢により傷つきやすくなっている半月に微妙な外力が加わって損傷する場合とがあります。
前者では、体重が加わった状態でのひねりや衝撃によって半月だけが損傷するものと、前十字靱帯損傷などに合併して起こるものとがあります。半月は加齢に伴い変性するので、40歳以上ではちょっとした外傷でも半月損傷が起こりやすくなります。

このような症状は注意!!

  • 膝が痛い
  • 膝を曲げ伸ばしすると、引っかかる
  • 膝の曲げ伸ばしができなくなる
  • 膝に水が貯まる

当院の治療

  1. 徒手検査にて半月板の内側・外側・前側・後ろ側のどこの部分が損傷しているかを詳しく鑑別します。
    (損傷の程度によっては病院を紹介し、手術を勧める可能性もあります。)
  2. 半月板の損傷は靭帯の合併損傷が起こる可能性があるため、他の損傷の有無の検査もします。
  3. 膝の関節のアライメント(O脚・X脚などの位置関係)を診ます。
  4. 急性期の症状ではRice処置と固定にて関節の安定を図り、慢性的な症状では膝の関節の位置関係を改善させ、関節のかみ合わせをよくする治療をします。