捻挫

捻挫

関節を捻ってしまった方へ

関節に対して過度に捻る・伸ばす・ぶつけるなどの力が加わっておこるケガのうち、X線でうつらない靭帯や腱などの軟部組織や、軟骨のケガをいいます。捻挫をした関節には赤く腫れ、熱を持ち痛みが現れ動かせないといった症状が診られます。
通常は激しい痛みを感じますが、痛みを感じにくい靭帯もあるため、痛くないから大丈夫と考えてはいけません。
捻挫は放っておくと、靭帯が伸びたままになりくせになりやすいです。また、関節への負担が大きくなり、関節内の負担が積み重なると、変形性関節症(老化現象で関節の軟骨がすり減って関節が変形してくる)というような後遺症や、半月板損傷などの二次的な関節損傷も増えるため注意を要します。そのため捻挫は早めの処置がとても重要になります。

このような症状は注意!!

  • 関節を捻ってしまった
  • 捻ったあとに関節に痛み・熱感・腫れなどが残る
  • 関節にぐらつきや不安定感を感じる

当院の治療

  1. どうして痛めてしまったかを詳しく判別します。
  2. 徒手検査にて痛めた筋・腱・靭帯・関節軟骨などを判別します。
  3. 患部に熱がある場合はRice処置を行います。
  4. テーピングや包帯・ギプスなど状態に合わせて関節の固定を行います。
  5. 捻挫した関節をかばって起こるコリや痛みに対するケアをします。
  6. 各箇所に合わせて必要に応じた筋肉トレーニングを行い、捻挫をしにくいようにします。