クーラー病について

2019.07.10

クーラー病について

こんにちは!

 

ごうとくじ駅前通り整骨院の内です!!!



皆さん、クーラー病(冷房)はご存知ですか??

 

クーラー病とは、簡単に言うと、クーラーによって起きる体の不調のことを言います。

人間は自律神経によって体温を調整しています。

 

例えば、寒いときは身体を温めたり、暑いときは身体を冷やしたりします。

 

しかし、暑い時期にクーラーをガンガンにつけてしまうと、

 

屋外との気温差が激しくなり、体温調整が間に合わなくなります。

 

その結果、自律神経が乱れてしまい、血行不良やむくみ、

 

頭痛、肩こり、体の疲れが抜けないなどの症状が出てきます。

これがクーラー病のメカニズムになります。



これからどんどん暑くなっていき、クーラーを使う頻度が増えていくため、

 

より気をつけてクーラーを活用することが大切です!!


クーラー病対策としては、、


①温かいものを摂取する。

②設定温度をいつもより2度高く設定する。

③お腹を温める。


などがあります。

特に③はお腹を温めることで、自律神経を整えることができるため、

かなり大切です!!!!


クーラーをつけ始めてから、体の疲れが抜けなかったり、

不調が出てしまった方はぜひ一度試してみてくださいね(^o^)

以上、最近飯塚先生に無視されている内でした!!!



院長 内 亮人